HOME > さほらぼスタッフの記事

さほらぼスタッフの記事一覧

2018.11.6 [ スタッフブログ ]

ひかりとあかり

 

 

 

 

 

 

照明を描くとき、黄色やオレンジ色の絵の具を使います。

 

落ち着く色温度だそうです。

 

 

 

 

オフィスのような蛍光灯の青白い光は人を活発に。

 

家に帰ってからの焚火や暖炉、ランプなどの、オレンジ色の光は、

 

あぁー癒されるなぁという気分にさせてくれるからでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

座っているとき、立っているとき、ベッドに寝ているとき

 

生活の違いによって、光の重心を選択して

 

それぞれにマッチした空間ができあがっていく。

 

 

 

 

そう考えると、

 

照明選びに時間をかけることが、

 

家づくりにおいて、一層大切な時間なんだなぁ。と再確認しました。

 

 

 

 

さて、いつの間にか日も短くなり、空気も澄んで、

 

気持ちの良い季節になってきました。

 

 

 

 

日が暮れてポツポツと明かりが灯る瞬間って、

 

まるで家に息が吹き込まれたみたいに、家族の温かなくらしが想像てきますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在公開中の「きのまの家」も

 

まるで、「おかえりなさい」と言ってくれているような、

 

外から見えたらほっとさせてくれるような光が出迎えてくれます。

 

 

 

 

「夜の雰囲気が見てみたい」というお客様いらっしゃいましたら、

 

期間中は、いつでもご案内できますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

いででした。

 

 

2018.10.30 [ スタッフブログ ]

月が

 

 

こんにちは。

 

いでです。

 

 

 

 

昨日帰宅した時に、ふと空を見上げたら

 

なんと月と共にオリオン座が…

 

 

 

 

月もはっきり見えて凄く綺麗だったので、

 

ダメ元で写真を撮ってみたら

 

星が…ちゃんと映ったんですよ…

 

(見づらいので拡大してやっとですが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

星空って一眼レフとかを使わないと撮れないと思っていたので

 

かなりびっくりデス!感動ってやつデス!

 

夜道で思わず すっごーい!って叫びました…(笑)

 

 

 

 

携帯もどんどん精密になってきていて、

 

どこまで細かく映ってしまうのか…

 

人類の技術ってほんとに凄いですね(´・ω・`)

 

 

 

 

なんてお話は置いておいて…笑

 

 

 

 

本日は、完成見学会の情報を公開しました!

 

12月の見学会情報も、もう少しで公開できそうです!

 

 

 

 

 

 

 

さほらぼは今後もイベント目白押しなので、ぜひ一度ご体感くださいませ^^お気軽にお問合せください♪ 

 

 

 

 

 

 

2018.10.26 [ さほめし ]

唐揚とナスの山芋ソースかけ

こんにちは、秋もだんだんと深まってまいりました。

今週のさほめし担当は、佐藤&谷口と助っ人の佐々木です。

 

朝から何をつくろうかと、レシピ本を読み込み、メニューを決定!

レシピを忠実にまもってつくります・・・・・・

 

 

山芋のネバネバと格闘しながらソースを作ります。

 

 

 

頂き物の秋の味覚を、

ちょうどいいタイミングで現場から帰ってきた、助っ人の佐々木が剥いてくれました。

 

 

 

完成☆

ねばねばソースがあっさり美味しい、ランチになりました。

 

2018.10.23 [ スタッフブログ ]

目隠しをすること

 

 

目隠しをしたい。

 

お隣さんから丸見えだったり、道路から部屋の中が見えたりするのには

 

やはり少し抵抗があるのかな。と感じます。

 

 

 

 

リビングには大きな窓があって、目隠しすることを前提とした

 

平面計画が当たり前のようになってきている中で、

 

完全に囲ってしまうのか、風と光が入るようにするのか。

 

そのあたりのバランスがすごく重要になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、伊礼智さんの本で、窓をどのように考えるかという内容で、

 

基本的には極力減らす方向で考えて、ここだ!と思うところに窓を設けるそうです。

 

「リビングから遠くの景色が見たい」「台所に立っていると風が抜けていくように」

 

「近所を気にせず光を入れたい」「外と室内が一体となるようにしたい」

 

など、きちんと外と内の関係を明確にすることで、必要な開口部をしぼっていくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

そんな目隠しですが、ブロックや格子などの構造物を立てる方法、

 

生垣や高木などの植栽を植える方法、コの字型の間取りにするとか…

 

いろいろな方法があります。

 

 

 

 

「風をもらう代わりに庭をお裾分け」

 

風通しがよくなる代わりに、植栽がお出迎えしてくれたり…。

 

目の前に緑を感じると、やっぱり気持ちがいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中で趣味を愉しみながらも、中間である目隠しやアプローチなどを考えることで、

 

内と外がゆるやかにつながって、家も暮らしも充実していくのかな。と感じます。

2018.10.16 [ スタッフブログ ]

写真ができあがりました

 

 

先日写真撮影を行った、真庭市の「きのまの家」

 

素敵な写真ができあがりましたので、チラ見せしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

前にブログでもお伝えしましたが、撮影日はちょうど十五夜の季節。

 

まんじゅうのほっこり感がとてもよく似合う心地よい空間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別カットの写真は施工事例でも紹介しております。

 

そちらもぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末には見学会も開催されますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

実際のお客様が建てられたお家を見ると、

 

より一層自分にとっての豊かな暮らしが想像できますよね。

 

 

 

 

さほらぼのリアルサイズの「住まい」をぜひご体感ください。

 

 

トップへもどる