HOME > 佐藤 尚紀の記事

佐藤 尚紀の記事一覧

2018.4.22 [ スタッフブログ ]

「あいまの家」

 

おはようございます、日曜担当の岡が木曜に変わって本日より

 

佐藤ナが日曜の担当となりました。

 

 

さて、昨年の12月からお施主様よりお借りし展示させていただいた

 

さほらぼ  ショーホームも本日で終了となります。

 

 

そんな、「あいまの家」の玄関を入って正面の大きなスクエア窓から見える景

 

色がとても気に入っています。

 

 

正面には1年前のショーホームの外壁が見え、違和感なくその場に馴染んでい

 

ます。

 

 

あいまの家のタイトルは、中庭越しに見える縁側で内と外が曖昧に

 

繋がれた空間ということでつけた名前です。

 

 

 

 

そんな空間で、最終日お待ちしております。

 

是非、お越しくださいませ。

 

 

 

2018.3.6 [ スタッフブログ ]

取材

 

こんにちは、佐藤です。

 

先日、お施主様のお家でサッシメーカーのYKK APさんの取材がありました。

 

 

昨年の5月に広島で開催されたYKK AP(株)主催のフォーラムで今回のお施様のお家の写真を展示

 

してもらったことがきっかけで今回の取材となりました。

 

 

 

高断熱樹脂窓を使われてみての感想などいろいろと話されていて進行もスムーズに行われ楽しく笑

 

い声の中取材も終えて ホッと一安心。

 

どんなふうに使われるのか楽しみです。

 

 

2018.2.27 [ スタッフブログ ]

恒例行事

 

今日の朝はとても寒かったですが、日中は気温も上がり車の窓も開けて気持ち良く運転をしていま

 

した  佐藤です。

 

 

事務所の庭の木や花も蕾を付けたり、花が咲いたり春の訪れを感じます

 

 

もうすぐ3月、二十四節気の啓蟄も近くなり土の中で冬籠りしていた虫たちも動き始め

 

その虫たちを求めて鳥も活発に動き始めて賑やかになるのは良いのですが

 

毎年恒例の鳥が虫を探してコケをひっくり返して庭を荒らすのとの

 

毎朝の格闘が今年も始まります。

 

 

今年は去年効果があったネット張りで戦います。

 

 

 

 

 

2018.2.20 [ スタッフブログ ]

伝統製法

 

こんにちは佐藤です。

 

 

とある材木屋さんの外壁の焼板ですが、100年ほどたっているそうです。

 

軒がしっかりかかっている部分だと自然素材は長持ちします。

 

 

 

ただ、一般的なバーナー焼の焼杉板ではこうはいかないでしょう

 

昔からの伝統製法の手焼き杉板だから何十年もの風雨にも耐えるものとなるのでしょう

 

 

やっぱり表情も焼の深さも違います。

 

 

 

 

2018.2.6 [ スタッフブログ ]

デザイン検討会議

 

とても寒い日が続いております。

 

毎日がチルド室状態で防寒ズボンが離せません   佐藤です。

 

 

定期的に行っている社内デザイン検討会議。

 

今回は、この秋にスタートするショーホームのデザイン検討会議を行いました。

 

現場担当者が用意した詳細図やスケッチを使って各部納まりや寸法確認、照明の高さ等多岐にわた

 

って5名で検証します。

 

 

少し新たな取り組みも盛り込みながら、自分達も少しわくわくさせてもらってます。

 

 

 

お客様も楽しみにしてくれていると思います。

 

 

話は変わりますが、雑誌「岡山の家」「名作住宅」でお世話になっているステップハウスさんの

 

施工実例ランキングを久しぶりに見てびっくりです(2月6日付)。

 

よろしければ、こちらクリックしてみてください。

 

 

 

 

 

トップへもどる