スタッフブログ Staff Blog

2018.7.13 [ スタッフブログ ] 投稿者:

MOMO

 

 

MOKUの机の上に、丸くてかわいい桃が敷き詰められているのを見て、びっくり!

 

 

 

 

何だコレ!と思ったら、業者さんからの「いただきもの」でした。

 

こういったいただきものから生まれる温かさや、人や土地の魅力を日々感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの岡山の桃に、わくわく!

 

今、私は早く食べたい・・・という葛藤と戦っています^^;

 

 

 

 

 

そ、そういえば・・・・モモ・・・・・・・・

 

 

 

 

 

本日は、印象深い一冊の本を紹介します。

 

 

 

 

「モモ」/ミヒャエル・エンデ著

 

という、一冊の児童文学を皆さんご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

とある街に「時間貯蓄銀行」を名乗る灰色の男たちが

 

やってくることから物語は始まります。

 

 

 

 

男たちは街の人々から時間を盗み出すことによって、

 

人々から自由や心の余裕を奪い去ってしまいます。

 

 

 

 

この本には、時間を失った友人や街の人々を救うために、

 

女の子”モモ”がたった一人で、癒しの空間・時間を取り戻す旅が綴られています。

 

 

 

 

私の卒業制作のきっかけとなった一冊なのですが、

 

「モモ」という物語に引き込まれていった結果、あやうく文学研究になるところでした・・・笑

 

 

 

 

哲学・数学などの学者の研究対象にも選出されるほど、

 

”癒しの空間”についての注目度が高い作品ですので、ぜひ読んでみてください^^

 

 

 

 

「あぁーモモといえば、やったなぁ!」

 

と、桃を食べるたびに、懐かしい気持ちになりそうです。

 

 

 

 

いででした。

 


トップへもどる