技術のこと Technique

CCFスタイル イメージ写真 →導入事例はこちら

床下冷暖房システム CCFスタイル

CCFスタイルはヒートポンプ式の床下冷暖房システムです。シンプルなシステム構成で、安全性を高めるとともに、冷暖房+床暖房のローコスト化を実現、メンテナンスも容易にしました。熱源をヒートポンプにすることによって、CO2の排出も削減し、地球環境を守ります。

標準仕様

さほらぼが建てる家には、下記技術が標準仕様として導入されています。

  • 地球に優しい断熱材 セルロースファイバー
    地球に優しい断熱材 セルロースファイバー

    新聞紙をリサイクルして出来た呼吸をする断熱材。湿気を吸収してくれるので結露を防止します。吸音性にも優れています。難燃処理がされているため、火にも強い。ホウ酸処理により虫からも守ってくれます。

  • 家を強くする耐力面材 モイス
    家を強くする耐力面材 モイス

    柱と柱をつなぐ、耐力面材。
    呼吸をしてくれる下地材です。面でもたせることで力が分散するため、より強い構造になります。無機素材でできているため火にも強いです。

  • 夏も冬も熱を遮る遮熱シート タープホイル
    夏も冬も熱を遮る遮熱シート タープホイル

    屋根の上に敷く遮熱シート。
    熱を反射し続け、夏の暑さを室内に伝えにくくし、冬は暖かさを保ちます。細かい穴があり、湿気は外へ逃がすようになっているため、結露の防止にもなります。

→さほらぼ施行事例はこちら
トップへもどる