お客様の声 Voice

ひかりを取り込む、Slit house 岡山市 I様

ここに建てたい、けど…

 

この場所に最初は大きな柿の木と古い納屋があったんですよね。当時は古い社宅に住んでいましたが、実家が農業を営んでいますし、子どもができたのを機に、ここ(実家の母屋の隣)に家を建てようと決めました。私たち夫婦は共働きですので、子育てしていくのに両親のそばにいる環境が良いという思いもありました。ただ、敷地が南北に細長くそれほど広くもなかったので、本当にこの場所に家が建つのか不安でした。

 

家づくりについていろいろと調べたり大手メーカーさんのモデルハウスやイベントに足を運ぶなかで、著名な建築家さんが使われている「そとん壁」が気になりはじめ、検索していくと、さほらぼさんのホームページを見つけたんです。

 

見学は飛び込み

 

あの日はちょうど稲刈りの後だったのですが、作業がすこし早く終わって、急だったのですが「これからショーホームを見学してもいいですか」と、さほらぼさんに電話をしました。いいですよ、と「いろはの家」を案内していただいて、実際のお家を見たことが決め手になりました。モデルハウスの豪華な建物よりも、私たちの暮らしと予算のイメージがしっくりと来ました。お庭も家具もとても参考になりました。「いろはの家」で見た障子がとてもよくて、この家にも障子をつけてもらいました。夜、仕事から帰ってきたときに、障子から綺麗に明かりがもれて、とても気に入っています。

 

後悔しないために

 

建ててから後悔したくないという思いもあって、納得いくまで打合せができたのはよかったと思います。タイル貼りのキッチンは掃除が大変だというイメージがあって、最初は別のものにしようとしていたのですが、MOKUで使用しているキッチンの様子を見て聞いて、最終的にタイルに決定しました。実際に使ってみて、質感も気に入っていますし、掃除も想像より楽で、タイルの提案をしてもらえてよかったと思っています。現場では、担当の母里さんに、収納のことをたくさん相談しました。経験に基づいて細やかに対応してもらえました。生活してみると、敷地の狭さを感じないです。引き戸や収納など、広く使えるように工夫してあって暮らしやすいです。いつも家族でソファーに座って過ごしていますが、このソファーの布地はすごく悩みました。色々なサンプルを実際に見て、触って、決められたのはとてもよかったです。

 

木の家だから

 

職人さんたちが本当にいい方ばかりでした。木の家を建てるならやっぱり県北の大工さんがいいよというのを周りからよく聞いていたので、ずっと県北の大工さんに家を建ててほしいという思いがありました。既製品のほとんどない家は職人さんの腕が大事です。そういえば、最初ここに生えていた大きな柿の木は、切って、板のかたちに加工をして、神棚になりました。床や窓枠や手すりも無垢の木ですから、シンプルで暮らしに馴染んで、10年後も30年後もずっと飽きないと思います。長男は家がとっても好きみたいで、お友達みんなに「お家に遊びにおいで」って言うんですよ。


←施行一覧に戻る
Information

所在地:岡山県岡山市東区

お客様の声 施主様からのコメント紹介
トップへもどる