さほらぼの施行事例 Works

南北に広がる平屋 いろはの家

木々の葉にしっとりと露をおびながら、住宅街にひっそりと佇む。心地よく吹き抜ける風を感じながら、居心地のよい縁でゆったりとした時間を過ごす。

 

最初は2階建てで家づくりを進めていたS様ご家族。ご要望を聞いていくうちに、平屋はどうですか?というご提案に。74坪の敷地に車2台と庭と平屋が納まるのかと心配されていましたが、廊下をなくし、できるだけ「兼ねる」ことで、しっかりとご家族のスペースを確保できました。

 

みんながくつろげるリビングには、ゆったりと座れるオリジナルソファがあります。

リビングとつながったタタミスペースは、ゴロゴロしたり、お昼寝したり、お泊りにも使えます。

子ども室はつくりこみ過ぎず、将来的にひとつの大きなスペースに戻せるようにしています。

 

住宅地の中に建てるので、周りからの視線も気にされていましたが、庭・外構をうまく配置することで、あけひろげても気にならずにゴロゴロできる間取りになりました。

 

 


←施行一覧に戻る
Information

所在地:岡山県勝田郡勝央町
2014年11月末まで見学可能

テクニカル:

お客様の声 施主様からのコメント紹介
トップへもどる