スタッフブログ Staff Blog

2015.5.16 [ スタッフブログ ] 投稿者:

昔に触れる

GWも終わり、ますます夏に近づいてきています!

日がどんどん長くなり、夕方の涼しい風が気持ちよい今日このごろでございます。ナガタです。

 

 

GWのお休みを利用して、日頃いけないところに行こう!と思い、観光客でにぎわう「倉敷」の美観地区へ。

2年前に歩いて回ったコースとはまた違うところを回ろうと・・・

いろいろと回ることができましたが、今回一番ここちよいなぁ・・・と感じた場所。

「大橋家住宅」という国の重要文化財。

 

unnamed (2)

 

 

塩田を開発し、庄屋をしていた主の住むお家。

敷地も広く、たくさんのタタミの間でつながります。

小さな中庭や廊下、3畳の小さな書斎や畳の縁側。

 

一番思ったこと・・・

それは、風通しがとっても良いこと。

 

ムシムシとした外とは違い、中はひんやりと涼しく、何よりも風通しが良い。

自然と縁側に腰を下ろして外を眺め、一休みしたくなる・・・そんな場所でした。

 

unnamed (4)

 

 

小さなくぐり戸。

塗り壁できれいにアーチ状にほどこされていました。

 

 

unnamed (3)

 

 

そして、この扉は障子なのですが、開きやすいように手を差し込む穴が開いています。

ここの手を差し込む木の部分は厚みは1センチもなく、薄い木にあけてあるような取っ手。

手をかけてみると、柔らかいさわり心地に愛着を感じました。

小さなこだわりが、散りばめられている、そんな大きな立派なお屋敷で、本当に心地よい空間です。

 

もう一度いって、もっとゆっくり見たいと思います。

 

そんな場所って、いいでよね。

 

文・写真 ナガタユキ

 


トップへもどる