スタッフブログ Staff Blog

2015.10.13 [ スタッフブログ ] 投稿者:

セルロースファイバー

 

こんにちは佐藤です。

 

先週に引き続き、弊社で使っている材料の説明です。

 

前回は、屋根面に使われている遮熱シートについて説明をしましたが

 

今回は、屋根、壁など家をすっぽり囲ってしまう断熱材セルロースファイバ-について説明します。

 

 

セルロースファイバー断熱材は新聞紙・段ボール・木材などの原料のいずれかを主として造られる木質系断

 

熱材です。原料が木質繊維であるため、自然素材のエコな断熱材です。また、製造方法としては原料を細

 

かく粉砕し、ホウ素系薬剤を添加し造られます。

断熱材としては建物内部の柱と柱の間に施工する「内断熱」の材料となっています。断熱性能の他に、調湿

 

性能、防火性能、防音性能、防虫性能など多くの性能が備わっている付加価値の高い断熱材です。

 

cellulose

 

○ 壁に施工されたセルロースファイバー。壁にパンパンに吹き込まれています。

日本ではあまりなじみのないセルロースファイバー断熱材ですが、アメリカでは断熱材シェアNo.1の断

 

熱材なのです。断熱性能もさることながら、優れた防音性を備えたセルローファイバー断熱材は空港付近の

 

住宅には必ずと言っていいほど使用されています。訴訟大国としても知られるアメリカでシェアを勝ち取って

 

いるといことは、信頼性のおける断熱材と言えます。

 

また、ドイツなどのヨーロッパ諸国にもコストパフォーマンスの高い断熱材として評価をされています。ヨーロ

 

ッパ諸国は日本よりも厳しいエコロジー基準などがあることで有名ですので、そこで評価されるセルロースフ

 

ァイバーは世界基準の断熱材ということが言えます。

 

セルロースファイバー断熱について

こちらで詳しく説明しています。 興味のある方はご確認ください。

 

 

 

 


トップへもどる