HOME > 佐藤 尚紀の記事

佐藤 尚紀の記事一覧

2017.7.27 [ スタッフブログ ]

日本庭園

 

こんにちは、佐藤です。

少し前になりますが、7月6.7日 福岡の大川家具展示会と股旅社中のデザイン競技会へ行ったとき

のことですが、博多駅で乗り換えの際に昼食をとり、近くに見学できるようなものはないかと調べ

ていると日本庭園の「楽水園」があること知り少し寄ってみることにしました。

 

 

明治39年に博多の商人が別荘として建てたもので、戦後は旅館「楽水荘」として使用されていた

ものを平成7年に福岡市が池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園として整備し開園したそうで

す。

しっとりと雨に濡れた庭を茶室「楽水庵」から眺めながら移動中の楽しいひと時を過ごすことが

出来ました。

 

 

 

 

2017.7.11 [ スタッフブログ ]

モクタテ。

 

こんばんは、佐藤です。

 

少し前、6月28.29日で長野県 の木製建具の製作メーカーさんへ行ってまいりました。

工場の中の様子です。

最新鋭のマシンを導入され世界基準を意識した国産高性能木製サッシをオリジナル形状で作られて

います。

 

 

玄関ドアの断面です。

この厚みを支える金物類も窓と同様にドイツ製の物が使われています。

 

 

社長さんの言葉からは、ものづくりに対する熱い思いがひしひしと我々にも伝わってきました。

 

そんな気持ちや情熱が込められた製品を、ぜひ使ってみたいと思いながら帰路につくのでありまし

た。

 

 

 

2017.6.27 [ スタッフブログ ]

造園担当 森田

 

こんにちは佐藤です。

 

今日は、さほらぼの特徴でもある庭づくり。

 

その担当者、森田を紹介します。

 

普段は土木部の森田ですが、庭づくりの工事が近付くと

 

取引先の山に出向いて木の選定、買付けを行います。

 

植栽工事に合わせて、一棟分づつ引取りに行きます。

 

 

そして、植込み作業。

 

 

普段でも事務所まわりの植栽を剪定したり下草を空かせて風通しを良くしたり、予防をしてくれた

 

り・・・     と手入れをしてくれています。

 

 

さほらぼの庭づくりの縁の下の力持ち、森田の紹介でした。

 

 

2017.6.20 [ スタッフブログ ]

週末は見学会。

 

タイトル通り、今週末は津山市押入にて見学会を行います。

 

先週、先々週と3週続きの見学会・・・頑張っております。   佐藤です。

 

そして今日は、押入の現場で植栽の植え込みを行いました。

 

 

 

ホントいつも思うんですが、ガルバの外壁の場合は植栽の緑が入るとガラリと表情が変わります。

 

建物と緑が相互にいいところを引き出しているのでしょうか・・・

 

そんなガルバの外壁ですが、お客様からのリクエストも多いので

 

少し紹介してみます。

 

こちらは先日お引渡を行った、勝央勝間田の家。

 

 

 

現在進行中の津山市林田の家。

 

こちらは津山市楢 完成前です。

 

 

 

素材の使い方で建物の表情は変化していきます。

 

ぜひ実際の建物を見ていただけたらと思っています。

 

津山市押入 完成見学会 どうぞ、どうぞお越しください。

 

 

2017.6.13 [ スタッフブログ ]

ナノクリアスなの。

 

こんにちは、火曜日の佐藤です。

 

いきなりですが、さほらぼでは長く愛着を持って暮らしていただくために自然素材の材料を

 

使っています。

 

手ざわり足ざわりがとても気持ち良く、良いことだらけにも思えますが傷や汚れなど気になる方も

 

多く、見学会などでも質問を受けたりすることもあり、使用されるうえでのメリット・デメリット

 

を説明しています。

 

今回試してみたのは、そんな木材を使った家具や床、カウンターなどの表面をコーティングくれる

 

耐久コート剤を見つけたので実験してみました。

 

 

 

 

 

 

ガラス成分が空気中の水分と反応してガラス薄膜層を形成すると言う優れもの

 

OIL塗装の上からでも塗れるのでアフタ-でも使えそう。

 

 

まず瓶の中でつや消し材が固まっているので割り箸で良く混ぜます

 

そして、キッチンペーパー(本来はスポンジで塗るそうですが)に溶剤をしみこませて薄く塗ってい

 

きます。これを2回行います。

 

乾燥を待って実験開始です。

 

まずは、床材でも使っているコルク

 

マスキングテープの中がコーティングしたものです。

 

上から水を垂らして2.3分経ってから斜めに傾けてみます

 

もともと撥水処理はしている物ですがテープの外側はべたっと水が張り付いています

 

左側はほとんどが流れ落ちてしまいました。

 

 

そして下の画像です。

 

窓枠などに使っている無垢の板

 

まだ塗装もしていない状態で、同じように水を垂らしてみると

 

当然処理をしていない方は水がしみこみます

 

左側は気持ちいいぐらい弾いています。

 

 

 

 

 

このコート剤が気になったのはこれだけ撥水するのに木が呼吸する事を妨げないと言うところ

 

一番大切な条件を確保しながらしっかりコーティングしてくれるところに興味を持ちました。

 

少し試してみて使えそうならと思っています。

 

最後に商品名・・・ナノクリアスです。

 

 

 

 

 

 

 

トップへもどる